京都地盤研究会 第27回総会・特別講演会

投稿日:

拝啓 時下、会員各位にはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

平素は当研究会の活動にご支援を賜りありがとうございます。研究会発足後27年目を迎えました。会員各位のご支援による引き続き活発に活動を継続しております。今年度もご支援をよろしくお願い申し上げます。

令和4年度のメインテーマを「デジタルへの対応」とし、5月13日(金)第27回総会および特別講演会を下記の通り開催致します。約2年間にわたり断続的に出されてきました新型コロナウイルスの感染による規制も3月21日(月)に解除となり、ようやく日常に戻ることを期待する次第です。

これから数ヵ月後には災害シーズンを迎えます。様々な災害に備え、国土交通省ではその対策や、災害に強い国土の強靱化、持続的に経済を発展させる取り組みを進められています。また、大阪万博が2025年に「いのち輝く未来社会のデザイン」として未来社会へ向けてのいろいろな実験が試みられようとしています。近畿地方整備局においても国土の強靱化を含む多様なインフラ整備の取り組みなど関西の夢の実現を向けて取り組みがされています。これらの取り組みや日ごろ聞けない最新の話題について国土交通省近畿地方整備局局長の東川直正 様より特別講演いただきます。

皆さまにとって注目される話題であり、多数御出席下さいますようご案内申し上げます。なお、出欠につきましては、準備の都合上、5月6日(金)までに回答いただきますようお願いいたします。また、会員の皆様で総会に出席いただけない場合は、必ず委任状をFAXで提出いただきますようお願いいたします。

特別講演については、会員以外で興味をお持ちの方にも広く参加頂けるように案内しています。
特別講演は、土木学会認定CPDプログラムおよび土木施工管理技士会の認定CPDS講習を予定しています。

※コロナが終息し通常の形式での開催を想定していますが、感染拡大の状況によっては開催形式を変更します。

第27回総会】

日時:2022年(令和4年)5月13日(金) 午後1時30分~2時30分

場所:京都商工会議所 7-AB会議室(京都経済センター 7階)
(京都市下京区四条室町 阪急「烏丸駅」、地下鉄「四条駅」26番出口直結)

議題:

    1. 令和3年度活動報告・決算報告
    2. 令和4年度活動計画・予算
    3. 令和4年度役員について
    4. その他

特別講演会

主催:一般財団法人地球システム総合研究所

後援:京都府土木施工管理技士会 公益社団法人 土木学会岩盤力学委員会

日時:2022年(令和4年)5月13日(金) 午後3時~4時30分

場所:京都商工会議所 7-AB会議室(京都経済センター 7階)

【特別講演-内容・講師】

15:00~16:30 「最近の社会資本整備の取組と関西インフラの未来」
国土交通省近畿地方整備局 局長 東川 直正

定 員:150名(申込み先着順)

参加費:法人・一般会員 無料(年会費に含まれています)
個人会員・一般参加者 1,000円(資料代含む) 申込先:一般財団法人地球システム総合研究所内 京都地盤研究会(FAX: 075-354-5030)

※お願い:事務局にはスタッフが常駐していません。
連絡は、ikuo-yasukawa@u01.gate01.com のメールアドレス(事務局担当代表幹事 安川〈携帯080-5632-2278〉)までご連絡下さい。

【 会場のご案内 】

京都商工会議所(京都経済センター7F):阪急京都線「烏丸駅」、地下鉄烏丸線「四条駅」26 番出口直結

Print Friendly, PDF & Email