講演会(7件)

終了 京都地盤研究会 第84回研究会

 京都地盤研究会は、令和5年度のメインテーマを「GXへの挑戦」とし、今年度の最終の研究会となります 第 84回研究会を以下の 3 つの講演で企画しました。
 土木構造物は地盤に基礎を置き構築されます。土木技術者は地盤工学に加え地質学の知識も必須です。さまざまな地質への興味と関心、地質学の知識の向上をねらい特徴ある地質遺産の保全と教育的広報もかねて「ジオパーク」が認定されています。最初の講演は、日本ジオパーク委員会の委員として、またブラタモリの案内人として、地形・地質の広報に貢献されてきた香川大学名誉教授の長谷川修一先生から、日本のジオパークの紹介から土木技術者にとって必要な土木地質についての興味ある内容の講演をいただきます。
 二つ目の講演は、鹿島建設の江口健治様から滋賀県内の新名神高速道路工事現場で取り組まれている先端の 施工技術を中心に講演いただきます。江口様には、当研究会の令和 1 年の第 71 回研究会で奈良県の大規模斜 面災害の復旧工事の講演に続いて再度の登板となり、国内初の自動化施工実績についてもご紹介していただき ます。分野の違う二つの工事の取り組みで共通するのは建設DXへの挑戦です。
 最後の講演は、京都大学大学院の安原英明教授から斜面災害監視システム構築の研究成果を講演いただきます。近年多発する異常な降雨時には、どこかの斜面で斜面崩壊の災害が発生しています。安原先生は、これまで斜面防災に取り組まれてきて、斜面の崩壊予測につながる斜面災害監視システムの構築など、斜面災害対策に関わる研究を続けられてきました。斜面災害の予測と監視に関する技術の進歩に焦点を当てた講演をいただき、土木技術者にとって有益な今後の展望を講演いただきます。
 今回の 3 つの講演は、土木施工を担当する技術者にとって極めて有益な内容の講演です。多くの方々の参加 をお待ちしております。
 講演会は、土木学会 CPD プログラム及び土木施工管理技士会 CPDS プログラムとして登録申請中です。

申込み方法:令和6年1月26日(金)までにWEBによる申込手続きをお願いします。
      特別会員様につきましては、添付の「別紙FAX用紙」をご活用下さい。用紙に必要事項を記入の上、(一財)地球システム総合研究所内 京都地盤研究会 宛(FAX: 075-354-5030)事務局までお申し
込み下さい。
※お 願 い:事務局にはスタッフが常駐していません。ご用の場合は、京都地盤研究会ホームページのお問い合わせメールにご連絡頂きますと、後日スタッフがお返事いたします。その他(緊急時等)のご用件につきましては080-5632-2278(事務局担当代表幹事 安川)まで連絡下さい。
※土木施工管理技士会連合会によるCPDSの認定証明が必要な方へ
参加申込画面にて申請(チェック)が必要です。後日の発行はいたしません。当日は、ご本人を証明するCPDS技術者証または運転免許証をご持参下さい。

開催日時
2024年01月31日 13:30 - 17:10
プログラム

題目:開会挨拶

講師:大西 有三 京都大学 京都大学名誉教授
13:30 - 13:35

題目:土木とジオパークの展望

講師:長谷川 修一 四国危機管理教育・研究・地域連携推進機構 副機構長 危機管理先端教育研究センター長 香川大学 特任教授・名誉教授
13:35 - 14:40

題目:土木工事におけるDXへの挑戦

講師:江口 健治 鹿島建設(株)新名神田上枝工事事務所 所長
14:50 - 15:55

題目:LPWA 無線技術を用いた地表面傾斜計による斜面災害監視システムの開発

講師:安原 英明 京都大学大学院 工学研究科 教授
16:05 - 17:10

題目:閉会挨拶

講師:岸田 潔 京都大学大学院 工学研究科 教授
17:10 - 17:15

会場
キャンパスプラザ京都 (第2講義室)
住所:京都府京都市下京区東塩小路町939 GoogleMap
電話番号:075-353-9111
会場詳細
第2講義室
参加費
法人会員 年会費を支払い済みの登録法人で、人数にかかわらず参加料は無料
個人会員 年会費を支払い済みの登録個人で、登録者自身の参加料は無料(代理出席可)
その他の参加者は一人あたり資料代として参加料¥2000が必要
特別会員 大学及び官公庁関係の技術者及び過去に研究会で講演を行った方が対象で、参加料は無料
(代理出席可・役所ごとにまとめての参加申込はFAXでの対応可能。連絡は担当者宛にいたします)
ゲスト 会員として登録していない参加希望者で、複数人の申し込みが可能。研究会当日、一人あたり資料代として参加料¥2000が必要
交流会
交流会は開催しません

参加申込の方法

参加をご希望の方は、オンラインで手続きが必要です。「参加申込に進む」ボタンをクリックし、手順に従ってください。

参加申込に進む

講演会の参加申込から当日までの流れはこちらをご参照ください。

会員ページ

パスワードをお忘れの場合