現在地

ホーム

京都地盤研究会 第50回記念研究会・交流会

平成24年度は「建設分野の未来」をテーマとしてスタートしました。今回の研究会は、本研究会が発足してから50回目の記念研究会となりますので、あわせて会員相互の交流を図る交流会も開催させていただきます。
今回の記念研究会は、最新技術の紹介を含む下記の3つの演題で企画しました。
 最初に、国土交通省近畿地方整備局における最近の話題を中心に、発注方式や業務の評価方式について建設関係者の関心も強いことから、検討されている総合評価方式の動向や展望も含め、近畿地方整備局技術調整管理官の大西博氏に講演いただきます。
 続いて、地元の話題として、近鉄京都駅とJR京都駅の狭い空間を活用してホテルが建設され、近接施工の問題が集約されたような工事になり、基礎工事と建築工事において、計画段階から施工までのご苦労を、直接担当された白沢吉衛氏と松下逸雄氏に講演いただきます。
近年の建設分野におけるIT技術の活用には、めざましいものがありますが、従来の三次元CAD技術を発展させたBIM(ビルディングインフォメーションモデル)は近年、注目されています。最後に、BIMについて、建設分野への活用や今後の展望など、この分野の先端で活躍されている家入龍太氏から直接講演いただきます。
 興味ある話題の講演会であり、多くの方々の参加をお待ちしております。
また、講演会終了後、講師の先生方を囲み、会員相互や参加者との懇親を図る交流会を予定しています。会員各位には交流会もぜひ参加いただきますようご案内申し上げます。
今回の講演会は、土木学会CPDプログラム及び土木施工管理技士会CPDSプログラムとして登録しています。
 
 
主 催:(一財)地球システム総合研究所
後 援:京都府土木施工管理技士会
日 時:〈講演会〉平成24年11月14日(水)   午後1時30分~5時
     〈交流会〉                              午後5時20分~7時30分
場 所:京都大学楽友会館 2F 講堂(京都市左京区吉田二本松町 TEL 075-753-7603)
(裏面の詳細地図をご覧下さい)(交流会:1Fレストラン)
定 員:100名
参加費:〈講演会〉 資料代2,000円(法人・一般会員は年会費に含まれています)
          〈交流会〉 3,000円(当日会場でお支払い下さい)
 
【内容・講師】
  13:30~13:35 開会挨拶             京都地盤研究会会長 大 西 有 三
                                  (前京都大学副学長)
  13:35~14:45 「近畿地方整備局における最近の話題」
          国土交通省近畿地方整備局 企画部技術調整管理官 大 西  博 
 
  14:55~15:55 「ホテル近鉄京都駅-狭隘立地と鉄道騒音への新たな試み
            ○建築設計の考え方と課題への挑戦
株式会社日建設計 構造設計部主管 白 沢 吉 衛
○一体基礎等の設計・施工の概要と工夫
全日本コンサルタント株式会社 技術部主任 松 下 逸 雄
 
     16:05~17:10 「建設分野におけるBIM手法の活用の現状」
                          株式会社イエイリ・ラボ 社長 家 入 龍 太
17:10~    閉会挨拶           京都地盤研究会副会長 大 津 宏 康
                   (京都大学大学院工学研究科都市社会工学専攻教授)
【交流会】 京都大学楽友会館 1F レストラン
17:20~19:30 交流会
 
申込み方法:平成24年11月7日(水)までに当ホームページトップページのFAX用紙に、申込み代表者名、参加者氏名、勤務先所属等を記入の上、事務局までお申し込み下さい。
申 込 先:一般財団法人地球システム総合研究所内 京都地盤研究会宛
      (TEL: 075-256-4322  FAX: 075-256-4330

(お願い:事務局にはスタッフが常駐していません。ご用の場合は、080-5632-2278(事務局担当代表幹事 安川)まで連絡下さい)

          

開催日: 
2012/11/24 (土)
File attachments: 

ユーザログイン

記事配信